HOME>イチオシ情報>埼玉で不動産をより高く売却するためにはどうすれば良いか

不動産売却までにかかる期間

埼玉にある不動産を売却する場合、一般的な目安は約3~6ヶ月とある程度の期間を必要とします。この中には査定・不動産会社との媒介契約・買い手がつくまでの期間などが含まれます。

不動産売却のコツを紹介します!

  • 売却したい不動産物件の相場をチェック
  • 複数の不動産会社に査定をしてもらう
  • それぞれの不動産会社の特徴をチェックする
  • 類似物件の売却実績の有無を確認してみる
  • 査定を依頼するときは自分の意見をはっきり言う
  • 必ずしも査定で出された金額で売る必要はない
  • よほどの事情がない限り売り急がないこと
  • 水回りを綺麗にして清潔な印象を与える
  • 整理整頓して部屋を広くスッキリさせておく
  • カーテンを開けるなどして部屋を明るくさせる

買い手に寄り添う

相談

埼玉に保有する不動産があって、個人都合による不動産売却を考えているなら、売買仲介会社に相談します。誰もが損をしない売り方をしたいもので、重要な情報となるのは物件や売り手の情報、近隣との取り決め、契約条件などです。不動産取引では、重要事項説明書を宅地建物取引士が説明する決まりです。不利にならないように、買い手に内容を全て受け入れてもらわなくてはなりません。権利関係は整理しているか、大規模修繕計画があるか、やりとりする金額が正しいかなどは明確化させておきましょう。

中古物件の注意点から考える

男女

不動産売却を埼玉エリアで行うなら、買い手からすればそれは紛れもなく「中古不動産」になります。ですから、損失を出さないためには、買い手に寄り添った仲介であることを基準に考えてみましょう。例えば、これからの自然災害の問題も踏まえて、新耐震基準を満たしている物件なのか、その基準は1981年6月以降の物件であれば安心できるようです。もしも、それ以前の物件であれば、売り手が耐震補強工事を行ってから売りに出すのか、買い手に任せるのかによって損失が出るかもしれず、他の資産運用を考えるのが利口かもしれません。マンションなどを売却するならば、大規模修繕計画、修繕積立金の滞納がないことはポイント高です。将来的に買い手は修繕できない、追加で一時金の支払いを求められることもあり、登記簿などからは売り手の情報は筒抜けになっていますから、金銭面もクリアにしておきましょう。