HOME>特集>高くなりすぎた初期費用を少なくすることで入居希望者増を目指す

初期費用の多さで悩む人が多い

家族

はじめて賃貸物件に住むとなった時にかかる費用の多さに驚く人も多いと思われます。敷金・礼金・前家賃・仲介手数料、更には火災保険料から保証料などを求められることもあり、必要になる額は家賃の高さに比例して多くなってしまいます。7万円ほどの賃貸物件に住むと決めた時には、少なくとも50万円以上のお金を用意していないと住むことが出来ないことになりかねません。そんな高くなった費用を少しでも少なくして、入居しやすい環境作りとなって来たのが、仲介手数料無料と言うことです。

成功報酬となっている

女性

この仲介手数料とは、賃貸物件を紹介した不動産会社へ支払われるお金を指します。不動産会社が大家さんである貸主と住むことになった借主が契約を結んだ時の、成功報酬の意味合いをなしています。ですが最近の傾向として、仲介手数料無料と言う物件も多くなって来ています。

法律では仲介手数料の総額は、賃貸料の一ヵ月分までと決まっています。これを誰が負担するのかとなると、以前は借主が支払っていましたが、最近の傾向として大家さん側で支払うことが多くなったと考えられます。それが仲介手数料無料となって来た要因です。

仲介手数料無料となると入居希望者が負担する額が少なくなり、希望する人が多くなると予想されます。それは空き部屋を少しでも少なくするためとしての方法と考えられています。空き部屋ほど無駄なものはないことから、苦肉の策として生まれたかも知れません。